Home > IR情報 > 経営方針 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

1. 基本方針

バローホールディングスでは、株主・投資家の皆様との建設的な対話を推進するため、迅速かつ情報アクセスの公平性に努めた情報開示を行うことを基本方針としています。当社では、東京証券取引所及び名古屋証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」)」等に従って情報を開示いたします。また、適時開示規則に該当しないものの、投資判断に影響を及ぼすと自ら判断した重要情報につきましては、適切な方法により速やかに当該情報を開示いたします。

2. 情報の開示方法

適時開示規則に該当する重要情報の開示は、「TDnetシステム」に登録後、速やかに報道機関に同一情報を提供するとともに、当社ホームページにも同一情報を掲載いたします。また、投資判断に影響を及ぼすと自ら判断した重要情報の開示につきましては、当社ホームページへの掲載や報道機関への公開等を通じて、当該情報が速やかに伝達されるように努めます。

3. 将来予測に関する記述についてのご注意事項

当社では、決算短信に記載する業績予想に加え、説明会、メディア等で将来の見通しや見解を提供する場合がございます。過去の事実でないものに関しては、情報提供時点で入手可能な情報から得られた判断に基づいています。従って、業績予想は実際の業績とは異なる可能性があることをご承知ください。

4. 沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表までをIR活動沈黙期間とし、業績や決算に関するお問い合わせへの回答は控えさせていただきます。