Home > 社会・環境

社会・環境

 バローグループでは、中長期的な企業価値の向上を実現するために、事業活動の持続性をいかに担保するか、また事業活動が社会・環境へ及ぼす影響を適切にマネジメントしながら持続可能な社会をどう実現するかという2つの観点からサステナビリティ・マネジメントに取り組んでおります。
 ガバナンス・人材開発・環境については、特に当社グループの組織体制とビジネスモデルに係る重要課題を設定し、継続的に改善する風土を目指しております。

  重要課題 事業活動の持続性を担保する活動または事業活動の影響を管理する活動 改善点や特徴的な取り組み
ガバナンス 1. 経営の透明性の確保
  • 機関設計
  • 監査等委員会設置会社への移行
  • 取締役会の構成及び社外取締役の員数変更
2. 意思決定の迅速化  
  • 業務執行に係る意思決定の仕組み
3. ビジネスモデルに係る
リスクマネジメント
  • コンプライアンス体制
  • 機関との関連性
  • 事業会社への適用拡大
  • リスク管理体制
  • 情報の一元管理
  • 事業会社への適用拡大
人材開発 成長を支える人材開発
  • 人材採用・育成
  • 多様な人材の活躍支援
  • 採用拠点の拡充
  • 女性の活躍支援、障がい者雇用など
環境 環境負荷の低減
  • 二酸化炭素の排出抑制
  • 廃棄物の削減
  • リサイクルの推進
  • 電力消費量の削減、省エネルギー運転
  • 食品廃棄物の発生抑制
  • 食品残渣のリサイクル化推進

注:ガバナンスに関する取り組みは「IR情報」に記載しております。

トピックス